更年期に注意してほしいうつ病|症状を把握して対策を行なう

うつ病とうつ状態とは

医者と看護師

うつには色々な種類があるとされています。例えば、秋から冬の時期にかけて発症することが多い冬季うつ病や内面的な症状より身体的な症状が強く出てしまうことでうつ病であると気づかれにくいとされている仮面うつ病、特定のタイミングや場所などで気分が沈んだり、身体が動かなくなってしまう新型うつ病などがあります。それぞれ、うつの原因や細かい症状、有効とされる治療法は違いますが、どれもうつ病というカテゴリーに含まれる病気であることは共通しています。では、うつという名前がついてしまえば、すべて同じ病気になってしまうのでしょうか。実際はそうではありません。例えば、うつ病とうつ状態。同じように見えてしまいますが、細かく見ていくことで大きな違いを把握することが出来ますよ。

うつ病とうつ状態の違いを一言で表すとしたら、うつ病は憂うつになってしまう病気でうつ状態は憂うつな気分になってしまう状態になります。悲しいことや辛いことがあれば、誰だって落ち込んで憂うつな気分になってしまいます。気分が落ち込んでしまうと何事にも興味が持てなくなって、身体を動かすのも面倒になってしまうでしょう。こういった症状だけを見てしまうと、うつ病もうつ状態もほぼ同じに見えてしまいますね。うつ病とうつ状態の大きな違いと言えば、うつ症状の強さが異なることです。うつ病ではたまに空想と現実を混同してしまう妄想状態に陥ってしまうことがあります。この妄想状態では、現実よりも妄想の方を優先してしまって、現実の考え方や行動に影響を及ぼしてしまいます。うつ病によるこの妄想状態は第三者から指摘されたり、現実ではないと確かな証拠を見せても、それが事実であると中々信じることが出来ないのも特徴です。一方、うつ状態ですと妄想状態になるくらい強く思い込むことはないです。一時的に勘違いや誤解を事実として受け入れていることはあっても、第三者からの指摘があれば直ぐに受け入れるような判断力を持っています。

このように、うつ病とうつ状態には違いがあります。しかしながら、具体的にはっきりとした区別があるわけではないので、うつ状態の延長線上にうつ病があると理解した方が早いです。もし何らかの症状が出て、これがうつ病かうつ状態かわかりかねるときは、1つの区切りとして2週間は様子を見てみましょう。もし、2週間が過ぎても症状が改善しない場合は、うつ病を疑ってみて専門の医療機関にて診察を行ないましょう。